44のFREEブログ

キャンプやストックフォト、料理や子育てなど、なんでもFREE(自由)に記録していきます。

自力で禁煙1年達成!ポイントは2つだけ!隠れ喫煙者は必見!

こんにちは、44(@44free44free)です。
 
 
私事で恐縮ですが、2018年10月17日で禁煙1年を達成しました。
 

f:id:years44:20181117121128j:plain

 
 
今の時代、禁煙なんてそれ程たいした事ではないのはわかっていますが、
 
 
折角なので記事にしてみました。
 
 
では、タイトルにもある通り
 
 
僕が、禁煙1年間を達成する為にやった2つの事を紹介したいと思います
 
 

僕の喫煙遍歴

 
 
僕は、20歳頃(?)から8年程、ヘビースモーカーと呼んでいい程の喫煙者でした。
 

f:id:years44:20181117121146j:plain

 
 
ある病気(当時は難病と言われていた)になり5年間程禁煙に成功した事があります。
ま、成功というかやらざる得なかったんですが・・・
 
 
しか〜し
 
 
その後は、
 
あるキッカケを堺に「飲み会」や「友人と遊ぶ時」にだけ、家族に内緒でタバコを吸っていた『隠れ喫煙者』として生きてきました。
 
※ちなみに病気は、幸運な事に簡単な手術で完治しました
 
 

何故隠れて吸ってたのか

 
 
何故そこまでして(隠れてまで)タバコを吸っていたのか・・・・
 
それは、
 
 
『タバコを吸う事で、なんとなく満足感に浸っていただけ』
 
です。
 

隠れていた理由

家族に隠れて吸っていたことの理由としては・・・ 
 
『過去に一度、禁煙に成功した為に後ろめたくて、堂々と吸えなかった』
 
といった感じです。
 
 
「煙草を吸い続けてしまう」という事について、僕の持論もまとめてありますので、最後まで読み進めて頂けたらと思います。
 
 
 
 
僕は、今まで何度となく禁煙にチャレンジして来ましたが、ことごとく失敗してきました。
 
 
そんな経緯もあり、今回の記事は
 
 
  • 過去に何度も禁煙に失敗している人
  • 隠れ喫煙者
  • 禁煙にチャレンジしたい人
  • 家族や恋人に禁煙して欲しい人
 
には是非読んで頂きたいです。
 
 
もちろん、それ以外の人も時間が許せば、暇つぶしに読んでいって下さいね。
 
 

禁煙のメリット

 
まずは、もう『うんざり』しているかも知れませんが、『禁煙のメリット』を考えてみましょう。
 

f:id:years44:20180516011511j:plain

 
 

病気のリスクを減らして健康的になる

 
ここでは、「たばこを吸う人」は「吸わない人」よりガンになる可能性がホニャララ・・・
 
といった事を説明するつもりはありません。
(調べるの面倒だし)
 
 
そんな事よりも僕が言いたいのは、
 
タバコを吸うと、
 
  • 気持ち悪くなる
  • 頭が痛くなる
  • 変な(乾いた)咳がでる
  • えずく(オエッてなる)
 
こんな症状が出ますよね。
僕の場合はアイコスやプルームテックなどの電子タバコの方が余計にダメでした
 
 
昔から思ってたんですが
 
 
 
こんなモノ、絶対に体に悪いに決まってるwww
 
 
 
 
 
 

 

www.44blog.com

 

 
 
前に、こんな本のレビュー書きましたけどね、ガン細胞は1日に5,000個程作られるそうですよ。
(1日に5,000ですよ、5,000)
 
 
 
その細胞をリンパ球って奴がやっつけてくれるらしいんですが、
 
 
タバコ吸って
 
 「オエッ!」
 
とかなってる人のリンパ球、
 
 
すげー調子わるそうじゃないですかw
 
 
 
ガン細胞は、10年位かけてゆっくりと増殖して、発見できるレベルになるらしいです。
 
もしかしたら今日、あなたの肺で作られてしまったガン細胞が、リンパ球の網をかいくぐってしまうかもしれませんよ・・・・
 
 
 

無駄なお金が減ります

 
先日、またタバコの値段があがりましたね。
(今後も段階的に上がることが決まっています)
 
 
銘柄にもよりますが、1箱500円程になったんですね。
 
 
1日に1箱吸ったら、月に15,000円ですね。
 
 
たかが『煙』に年間18万円ですね。
 
 
 
もったいない・・・ですね。
 
 
 
ちなみに
 
 
煙草会社は、昔から莫大な利益を得ていて、その利益はもちろん株主にも配当金として支払われています。
 
日本の株式市場トップクラスの配当利回りなんですって。
 
税金で政府に搾取されて、煙草会社にも搾取されて、その結果お金持ち(株主)にも搾取されて・・・
 
 
これってやっぱり
 
 
無駄金・・・ですよね?
 
 
タバコを買っていたお金で、JTの株主になって配当金を貰ったら、無駄金が減るどころか、今よりも少しだけ豊かになれますよね。
 
 

臭くなくなる(&周りに迷惑掛けなくなる)

 
 
最近、喫煙者は「ヤニカス」と呼ばれて、ツイッターなどで揶揄される事が多いようです。
※それにしても、まわりを見渡せば毒を吐く人ばっかり・・・コワイ世の中です
 

f:id:years44:20181117121338j:plain

 
でも、
 
 
タバコを吸っている以上は、気付かない内に『どこか』で『誰か』に迷惑掛けている可能性大ですから、仕方がないかもしれません。
 
 
また、
 
 
家や車、服がヤニ臭くなるだけでなく、喫煙者の殆どは口臭もキツイみたいです。
(本人は気付いてない事がほとんど)
 
 
 
でもコレ、タバコを辞めたら全部解決しますね!(あら簡単)
 
 
僕も非喫煙者として、昔の自分に言わせて欲しい
 
 
「くせぇよ、このヤニカス!」
 
※注 昔の自分に向けた言葉ですからね
 
 
 

自信を持てる(成功体験)

 
禁煙に失敗すると、翌日あたりに猛烈な後悔が襲ってきます。
 
そして
 
「たったの1年も禁煙もできないとかクズだな・・・・俺。」
 
と自己嫌悪に陥ります・・・・
 
 
でも、一度自分で決めたことですから、どうしても達成したいじゃないですか。
 
それで諦めずに、何度もチャレンジした結果
 
禁煙に成功すると・・・・
 
 
「諦めずにチャレンジして良かったな」
 
 
「今の自分には、やろうと思えばなんだって出来るはず!」
 
といった自信がつきます。
 
※まぁ過剰なヤツは駄目ですけどね
 
 
その自信が、また次の何かにチャレンジさせてくれるはずですよね。
 
 
 
他にもメリットはあるんですが、ちょっと眠くなってきた(現在2:00)のでこの辺で辞めておきましょう。
 
 
 

禁煙のポイント2つ

 
 
ダラダラと書いていると、10,000文字位書いてしまいそうなので、そろそろ本題に入ります。
 
 

手帳で管理する

 

f:id:years44:20181117121627j:plain

 
 
 

禁煙目標(決意)を手帳に書き込む

 
今まで、僕が禁煙に失敗してきた理由の1つに、自分の心の中だけに『誓い』を立てていた事が挙げられます。
 
 
「今日から1年間禁煙だっ!」
 
 
と意気込んでも、きっと1週間もしたら目標や目的がボンヤリとしてしまいます。
 
それは、「僕」や「あなた」が悪いのではなく、人間が忘れていく生き物だからです。
 
「ツライ事」や「悲しい事」を、少しづつ忘れていく様に、「熱い想い」や「情熱」も少しづつ冷めていってしまいます。
 
 
だから、「忘れない為」にも、また「忘れても思い出す為」にも手帳を活用しましょう!
 
 
僕の場合は年間目標として
 
 
『禁煙365日を達成する!』
 
と設定しました。
 
 
そしてそれを
 
月間目標とデイリー目標に落とし込みました。
 
 
月間目標は
 
1ヶ月目『禁煙31日を達成する!』
2ヶ月目『禁煙61日を達成する!』
 
 
デイリーは
 
□禁煙1日目
□禁煙2日目
 
達成したらレチェックを入れる。
 
 

 朝晩手帳をチェックしよう!

 
 
朝は、その日の禁煙を自分と約束します。
 
「今日は禁煙20日目か・・・絶対に吸わないぞ!」と。
 
夜は禁煙できた自分を褒めてあげます。
 
「禁煙20日達成!よくできました」
と、レチェックを入れる。
 
 
もうこれだけで、かなりモチベーションが維持されます。
 
 
また、どうしてもタバコを吸いたくなってしまった時に、この手帳の事を思い出すと、思いとどまる事ができると思います。
 
 
それと
 
あくまでも、自分で禁煙する事を決めて下さい。
 
人に言われてやった事は長続きしませんから。
 
 
そして
 
自分で決めた目標ですから、もしも失敗してしまっても、最後まで責任を持って管理する事をオススメします。
 
『失敗した理由』や『状況』、『今の気持ち』などを手帳に書いておく。
※失敗した場合も次に必ず活きてきます
 
 
 
なお、手帳では無くスマホでの管理でも良いと思いますが、僕の場合はアナログな手帳にこだわっています。
 
なぜか文字を書くことで多くの達成感があるからです。
 
 
余談ですが、この小宮さんの手帳がかなり使いやすくて3年程愛用中。
 
 
 
 
 

水蒸気スティックで充分

 
 
エビデンスが無いため直観的な話になってしまいますが、
 
 
慢性的に喫煙しない『隠れ喫煙者』の多くは、ニコチンやタールを脳が欲しがっている訳では無いと思います。
 
 
大体が
 
 
  • 飲み物(コーヒーやお酒)
  • 煙草の煙の香り
  • 目から入る情報(誰かが吸う所を目撃したり)
 
 
 
などが引き金となって、喫煙したくなっているんではないでしょうか。
 
 
これは常習的な喫煙者も同じようなメカニズムだと思います。
 
 
いつも「手持ち無沙汰の時」に吸ってるから、実際に手持ち無沙汰になると吸いたくなったり、
 
 
いつも「食後」に吸うから、また食後に吸いたくなるんじゃないでしょうか。
(梅干しを想像してヨダレが出るのと同じです)
 
 
だから「煙草が好き」なんじゃなく、「習慣に支配」されているだけだと思います。
 
 
 
煙草が吸えないからイライラするのではなく、そういう人は吸っててもイライラしてるんですよ、きっと。
 
 
そう考えると、ニコチンとかタールが無くても良いと思いませんか。
 
 
なので
 
 
僕は、煙草を吸いたくなったら、このビタフルという水蒸気スティックを使っていました。
 
 
 
吸い込むと、タールもニコチンも入っていない水蒸気が出てくるのですが、タバコを吸った時と同じような満足感を得る事ができます。
 ※もちろん考え方を上記の様に変える必要がありますが・・・
 
 
価格も1,000円程で買えますし、煙が出ないので、「家の中」でも「車の中」でもプカプカできちゃいます。
 
 
煙草や電子煙草と違って、毎回1本吸いきらなくてよく、ひと口だけ吸って中断する事もできるので、案外長持ちします。
※僕は、1本で2ヶ月程持ちました
 
ある日
 
コレを吸っていたら友人に
 
「なんだそれダッセー(笑)」
 
と冗談混じりに馬鹿にされましたが、
 
「・・・習慣に支配されているお前の方がダサいからな」
 
と、こっそり心の中でこき下ろしてやりました。
 
でも
 
半年ぶりに会ったその友人の手に、ビタフルが握られていた時は、流石に僕も笑ってしまいましたけどw
 
 
タバコを吸いたくなったら、『ビタフル』で凌ぐ!
 
これが2つ目のポイントです。
 
 
ちなみに、2ヶ月もすればこの水蒸気スティックすらも、面倒になり吸いたく無くなります。
 
 
 

終わりに・・・

 
 
禁煙を1年続けて、心から思う事は、
 
 
「本当に禁煙出来てよかった」
 
 
という1点です。
 
 
  • 家族を騙している
  • 病気のリスクを自ら高めている
  • 無駄なお金を使っている
 
といった『後ろめたさ』がなくなりました。
 
 
そして、人生とより深く向き合っている実感も湧いています。
 
 
 
『禁煙はツライ』という人もいますが、僕にとって禁煙は、ツライ事ではなく、「間違いなく」人生を豊かにする選択肢だったと思います。
 
 
「何度も禁煙に失敗している人」や「隠れて煙草を吸っている人」の禁煙活動に少しでも役にたてたら幸いです。
 
おしまい。