44のFREEブログ

キャンプやストックフォト、料理や子育てなど、なんでもFREE(自由)に記録していきます。

ストックフォト初心者にオススメなカメラ6台【選ぶポイントも解説】

 

f:id:years44:20210627020632j:plain

 

ストックフォトを本格的に始めようと思っているけど、どんなカメラを選べば良いかわからない。

 

初心者がカメラを購入する時に押さえておくべきポイントが知りたい。


必要な性能を備えていて、初心者でも手を出せそうな価格帯のカメラを教えて!

 


こんな疑問にお答えします!!

※今直ぐにオススメカメラを見たい人は目次から飛んでください

 

 

 

初心者がカメラを購入する時に押さえておくべきポイント

 

おすすめカメラを発表する前に、初心者がカメラを購入する際に必ず押さえておくべきポイントをザックリと解説します。


1.オートフォーカス(AF)性能は良いか(確実にピントが合うか)

 

ストックフォトは、『イメージ写真』として使用される事がほとんどです。

当たり前の事なのですが、売れる写真は被写体にしっかりとピントが合っている事が大前提になります。

 

さて「被写体にピントが合っている」といっても、いったい被写体のどこにピントが合ってればいいでしょうか?

 

被写体の手前側なのか奥側なのか、人や動物なら鼻なのか、目なのか、耳なのか・・・しっかりと写真のテーマに合うポイントに合わせなければなりません。

 

なんとなくピントを合わせに行くと、残念な写真になる事が多いです。

 

実際にピントが少し甘いだけでもストックフォトサイトの審査に通らない事もしばしばです。

 

それほど「ピントが合っている」ということは重要です。

 

なるべくピントが合う写真をとるためには、『腕』ももちろん必要ですが、カメラの機能もかなり大切な要素です。

 

購入を検討しているカメラのココを見よう!

 

  • オートフォーカス測定点の数
  • 瞳AF機能の有無
  • 単純に「AFの速さ」
  • 動体撮影時の「AF追従性」
  • 手ブレ機能は優秀か

 

などの機能や性能を確認しておくと良いでしょう!

 

2.画質は充分か

 

カメラのスペックで画質に大きく影響している以下の2点に注目していきます。

 

画素数

 

ストックフォトでは、大きく引き伸ばして『野点看板』や『テレビ番組』などにも使われる事もある為、なるべく画素数が多い方が良いです。

 

ただ、大きいサイズのストックフォトは、そもそもカメラのイメージセンサーが大きくないと販売できないので、初心者のカメラでは、2000万画素あれば充分だと思います。

最近の一眼レフやミラレス一眼のエントリーモデルでは、大体2000万画素程はある様ですね。

 

イメージセンサー

f:id:years44:20210627095749j:plain


 

 

聴き慣れない言葉かもしれませんが、『イメージセンサー』とは、レンズから入った光を電気信号に変換する半導体で、画質に大きく影響します。

CCDやCMOSなどが代表的で、カメラのスペックを調べてみると記載されている事が多いと思います。

イメージセンサーの大きさで、1画素あたりの光をとりこめる量が変わる為、大きい方が画質は良くなり、画角(写せる範囲)も大きくなります。

 

ストックフォトでは、以下のイメージセンサーを搭載しているカメラが良いです。

  • マイクロフォーサーズ
  • APS-C
  • フルサイズ

※センサーのサイズ順に並んでいます(フルサイズが一番大きい)

※ただしイメージセンサーが大きくなれば、『カメラ自体のサイズ』や『価格』も比例して大きくなります

 

ピクスタでXLサイズの写真を販売したい場合は、フルサイズのイメージセンサーを搭載したカメラが必須となります

まあ、初心者の内はXLサイズなんて殆ど売れませんので、マイクロフォーサーズかAPS-Cで良いですね。

 

3.レンズ交換が出来るか

 

始めの内はレンズ交換は殆どしないと思いますが、カメラにある程度慣れてくると

 

  • ボケ味を強くしたい(単焦点レンズ)
  • 被写体をもっと大きく写したい(ズームレンズ)
  • 広い範囲を写したい(広角レンズ)
  • 遠くの被写体をアップで撮影したい(望遠レンズ)

 

などのこだわりがでてきます。

 

1つのレンズでは、表現しきれない写真をレンズを交換しただけで撮影できるようになります。

 

ストックフォトとして撮影できる写真の幅も広がりますので、レンズ交換出来るモデルが良いでしょう。

 

4.携帯性は良いか(特に大きさ、重さ)

 

カメラの『大きさ』や『重さ』がネックとなり、カメラを持ち出さなくなると撮影機会が少なくなってしまいます。

 

また、自宅で長時間『物撮り』や『人物撮影』をしているとカメラの重さで腕がメチャクチャ疲れます。

 

持ち出しやすく、長時間使っても疲れないサイズのカメラを選びましょう!

一眼レフは重いので、ミラーレス一眼がおすすめです。

 

5.操作性は良いか(直感的に操作できるか)

 

操作性の良し悪しは、直感的に操作できるかどうかにかかっています。

直感的に操作できないカメラは、結構ストレスがたまります。

 

  • ボタン配置が良いか
  • ダイヤル操作は複雑ではないか
  • タッチパネルの反応は良いか

 

好みもあるとは思いますが、実店舗などで確認してみると良いでしょう。

実店舗で確認できない場合は、レビューなどを参考にしましょう。

 

6.コストパフォーマンス(機能と値段)

 

僕も最初そうだったのですが、

「なるべくお金をかけずに始めて、稼げるようになったら良いカメラを買おう」

と考える人がとても多いです。

もちろんそれを否定はしませんが、ストックフォトでは、『何千枚という写真』を『多くの時間』かけてストックしていきます。

 

そう考えると、上記の考え方は『もったいない』と思います。

 

何が言いたいのかと言うと、

 

『本格的にやるなら、初めから出来るだけ高品質の写真をストックしていく方が良い』

 

メチャクチャ売れそうな写真を撮っても、カメラがショボいと販売する写真サイズが小さくなってしまったり、画質が悪くて購入してもらえない事もあります。

 

カメラは、ストックフォトを本格的に始める際の最初の投資になると思います

そして、ストックフォトを続ける限りは『作業時間をずっと投資し続ける』事になります。

 

ショボいカメラで『作業する時間』と、ショボいカメラで『生産された写真』はできるだけ少ない方がいい

 

と心から思います。

 

上手く伝わらなかったかもしれませんが、本格的に始めるなら、初心者でも最初からそこそこ良いカメラを使って作業するのが良いと思います。

 

かといって、ハイエンドモデルなどは買えないと思うので、具体的には、上記の条件を満たしているカメラのレンズキット(レンズがセットになっている物)で100,000円くらいの物が良いのではないでしょうか。

 

ちなみに、

本業にするつもりでやるなら、フルサイズカメラがいいと思います。

僕の場合は、ど素人なのに「本業にしたる!」とフルサイズ買いましたが、今のところ本業になりそうな予感はしませんw

でもフルサイズを買って後悔はしてませんよ。

 

7.カメラの種類は?

 

  1. コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)
  2. 一眼レフ
  3. ミラーレス一眼

 

それぞれのカメラの説明は割愛しますが、本格的にストックフォトをやるなら、機能・性能的に『コンデジ』は避けた方がいいでしょう。

画素数はそこそこ多いが、センサーがメチャンコ小さい物がほとんどだからです。

 

『一眼レフ』については、使いこなせれば1番良いのですが、初心者が扱うにはかなり難易度が高いと思います。

 

という事で、性能も機能も携帯性も良いミラーレス一眼一択となりますね。

 

まとめると

 

  1. オートフォーカス性能が良い物(AFポイントが多く、瞳AF、手ブレ機能優秀)
  2. 画質が良い(2000万画素以上、センサーはマイクロフォーサーズかAPS-C)
  3. レンズ交換可能
  4. 本体の重量400g前後
  5. 操作性が良い(実店舗で確認またはレビュー評価高い)
  6. レンズキットで10万円前後
  7. カメラの種類はミラーレス一眼

 

ストックフォトにオススメなミラーレスカメラ6選

 

前置きがメチャクチャ長くてすみません。

では、ミラーレスカメラのおすすめランキングを見ていきましょう!

このランキングは、私が項目ごと採点し独自に作成したランキングです。

順位に大した意味はありません。

そして、どのカメラも充分に良い物だけを紹介しています。

 

第1位 Canon EOS Kiss M2

 

 2020年にキャノンより発売されたEOS Kissシリーズの最新モデル。

エントリーモデルながら「瞳AF」や「AF追尾連写」などの性能を持っています。

ファインダーやストロボも搭載しており 、一眼レフのような使い方もできます。

グリップ感や操作性もよく、4K動画撮影も可能です。

上記で挙げたポイントは全てクリアしていると言っても良いほど完成度は高いです。

 

唯一、エントリーモデルという割に価格が少し高い気がしてしまうのは僕だけでしょうか・・・。

 

 

 
 
カメラメーカー キャノン
機種名 EOS Kiss M2
カメラ形式 ミラーレス一眼
イメージセンサー APS-C
画素数 2410万画素
瞳AF
手振れ補正 レンズで対応
本体重量 388g
本体価格(Amazon) ¥84,700
標準ズームレンズキット価格 ¥90,999
ダブルレンズキット価格 ¥118,800
ダブルズームキット価格 ¥126,500

 ※価格は2021年6月時点でのネット価格を参照しています

 

 

第2位 オリンパス OM-D E-M10 Mark Ⅳ

 

2020年にオリンパスより発売された「OM-D E-M10」シリーズ4代目。

レトロなデザインがメチャクチャかっこいいです。

センサーをマイクロフォーサーズにしていることで、かなりのコンパクト感です。

オリンパス独自の手振れ補正が本体に搭載されているため、ブツ撮りや人物など室内撮影には向いていると思われます。

ボタン配置やダイヤルも操作しやすく、個人的にはかなり好きなカメラです。

 

 

 

参考スペック

カメラメーカー オリンパス
機種名 OM-D E-M10 Mark Ⅳ
カメラ形式 ミラーレス一眼
イメージセンサー マイクロフォーサーズ
画素数 2030万画素
瞳AF
手振れ補正
本体重量 383g
本体価格(Amazon) ¥86,200
ダブルズームキット価格 ¥105,500

※価格は2021年6月時点でのネット価格を参照しています

 

 

第3位 SONY a6100(アルファ6100)

 

コストパフォーマンス最強と言われた『a6000』(2014年発売)の後継機で、2019年に発売されました。

前作ほどのインパクトはありませんが、機能・性能面はかなりグレードアップしています。

AF性能は全体的に高く、画質も良好です。

瞳AFも搭載しているので、人物撮影などで良い写真が撮れそうです。

 

 

参考スペック

カメラメーカー ソニー
機種名 a6100
カメラ形式 ミラーレス一眼
イメージセンサー APS-C
画素数 2420万画素
瞳AF
手振れ補正 レンズで対応
本体重量 396g
本体価格(Amazon) ¥86,364
ダブルズームキット価格 ¥107,200
パワーズームキット価格 ¥92,847

※価格は2021年6月時点でのネット価格を参照しています

 

第4位 SONY a6000(アルファ6000)

 

2014年発売のソニー渾身の小型ミラーレス機。

高速AFと広範囲AFポイントがあり、初心者でも安心して使えます。

発売から7年ほど経った今でも充分な機能と性能を持ち合わせています。

それなのに、今回のランキングで2番目の低価格です。

特にコストパフォーマンスが高いのが、このカメラの最大の特徴かもしれません。 

 

 

 参考スペック

カメラメーカー ソニー
機種名 a6000
カメラ形式 ミラーレス一眼
イメージセンサー APS-C
画素数 2420万画素
瞳AF
手振れ補正 レンズで対応
本体重量 344g
本体価格(Amazon) ¥54,818
ダブルズームキット価格 ¥77,500
パワーズームキット価格 ¥70,000

※価格は2021年6月時点でのネット価格を参照しています

 

第5位 Canon M6 Mark Ⅱ

 

 2019年に一眼レフの老舗メーカーであるキャノンから発売された、APS-Cミラーレス一眼。

かなりの本気度がわかるAF性能や画質は、今回のランキングでは群を抜いていると思います。

デザインもスタイリッシュでかなりかっこいい!

ファインダーがない(外付け)ことと、価格が他よりもお高めなので5位としていますが、おそらく僕ならこれを買います。

絶対おすすめ!!!

 

 参考スペック

カメラメーカー キャノン
機種名 EOS M6 Mark Ⅱ
カメラ形式 ミラーレス一眼
イメージセンサー APS-C
画素数 3250万画素
瞳AF
手振れ補正 レンズで対応
本体重量 408g
本体価格 ¥104,800
ダブルズームキット ¥126,988

※価格は2021年6月時点でのネット価格を参照しています

 

第6位 オリンパス OM-D E-M10 Mark Ⅲ

 

2017年にオリンパスより発売されました。

第2位で紹介したモデルの先代ですね。 

画素数が1605万画素と少し足りないけど・・・マイクロフォーサーズセンサーを搭載しているので画質は大丈夫だと思います。

AF性能も充分で手振れ機能も良好です。

コストパフォーマンス最強のカメラ!

レトロなデザインもかっこいいです。

「予算が足りねー!!」

という方のために、コスパの高いカメラを頑張って探してきました。

ストックフォトでも充分使えると思います。

型落ちモデルなので、そのうち売り切れてしまうかも。

 

 参考スペック

カメラメーカー オリンパス
機種名 OM-D E-M10 Mark Ⅲ
カメラ形式 ミラーレス一眼
イメージセンサー マイクロフォーサーズ
画素数 1605万画素
瞳AF
手振れ補正
本体重量 410g
本体価格 ¥43,000
ダブルズームキット ¥66,000

※価格は2021年6月時点でのネット価格を参照しています

 

終わりに・・・

大袈裟かもしれませんが、

僕は、カメラを購入して人生が変わりました

写真を撮るという最高な趣味もできたし、ストックフォトの戦略を考えたり、副業でお小遣いが増えたり・・・・。

まだまだショボさは否めませんが、今後もっともっと素敵な人生になっていく予感もしています。

 

今回紹介したカメラは、ストックフォト(カメラ)初心者にとっては、基本的にどれも充分な性能と機能を持っていると思います。

 

この記事を見ていただいた方の『ネットで調べる手間』や『実店舗に足を運ぶ手間』を少しでも減らせて、ストックフォトライフに少しでも役に立てれば幸いです。

 

おしまい。

 

ツイッターでストックフォトの月間売上等も発信しています。

興味があれば是非フォローお願いします。

44(@44free44free

 

 

「ストックフォトを始めてみたいけど、カメラを購入するの不安だな」という方は、無理して購入せずにレンタルしてみるのも賢い選択です。

DMMなら、初心者向けのカメラが業界トップクラスの低価格でレンタルできます。

しかも送料無料・万が一故障しても修理無料というから驚きです!

超簡単な手続きをすれば自宅に届きます。 

 

ネット予約でレンタル!自宅に届いてラクラク返却!