44のFREEブログ

キャンプやストックフォト、料理や子育てなど、なんでもFREE(自由)に記録していきます。

絶対にリピートしたくなる『アプトいちしろキャンプ場』 ~基本情報編~

f:id:years44:20181028002650j:plain

 

 

 

 

先日、友人ファミリーと『アプトいちしろキャンプ場』に行ってきました。

 

今回は・・・
 

「エメラルドグリーンのダム湖の目の前でキャンプして、アプト式列車に乗ったら、ぜ〜ったいに楽しいに決まってるっ!!

 

 

と意気込んでいた

 

 

『見た目はおっさん 頭脳は子供(終わってるやん) その名は・・・44(僕)』

 

 

が、勝手にキャンプ場をチョイスしました。

 

で、

 

このキャンプ場、予想以上に「設備がキレイ」管理が行き届いてる」し、「絶景」「アクティビティ」も楽しめて、とにかく最高でした。

では、具体的にどんな所が最高なのか紹介していきましょう!

 

アプトいちしろキャンプ場とは・・・

 

静岡県川根本町にあるキャンプ場で、

 

その名の通り、大井川鉄道井川線(アプト式列車)の駅である『アプトいちしろ駅』のすぐ近くにあります。

 

f:id:years44:20181028005702j:plain

 

ちなみに

 

アプトいちしろ駅は、急勾配を登るためのアプト式機関車を列車に連結する為の駅の様です。

f:id:years44:20181028010016j:plain

※連結作業の様子

※運転士さんも車掌さんも美人な女性でした

 

川根本町にはキャンプ場がいくつかありますが、1番山奥にあるキャンプ場がこのアプトいちしろキャンプ場です。

 

 

キャンプ場の目の前には、

 

 

エメラルドグリーンのダム湖があり、そびえ立つ断崖にアプト式列車が行き来する』

 

f:id:years44:20181028010213j:plain

 

という

 

このキャンプ場ならではの景観を楽しむ事もできます。

 

※残念ながら、上の写真のように10月に上陸した台風の影響でこの日のダム湖はエメラルドグリーンでは無く、灰褐色でしたが・・・

まぁ

コレはコレで異国っぽくて(アジアの山岳地帯)、ありかな・・・
(と、自分に言い聞かせる)

 

 キャンプ場のHPはこちらからどーぞ。

abt-camp.shizu.website

 

アクセス

 

〒427-0401
所在地:静岡県榛原郡川根本町梅地3-19
TEL:080-2636-6120
期間 :3/20〜11/20

 

 

 

浜松市から

我が家のある浜松市からは、下道で2時間ちょっと。

 

名古屋から

名古屋市からは、高速道路を使って3時間弱です。

 

東京から

東京からだと3時間半程・・・
結構かかっちゃいますね

 

 

チェックイン・チェックアウト

 

チェックイン :14時
チェックアウト:11時
受付場所   :管理棟
予約     :電話予約のみ

 

※キャンプ場のHPにも記載がありますが、前後に利用者がいない場合などは、無料でアーリーインやレイトアウトに対応してくれると思います。

 

また、キャンプ前やキャンプ後にも、駐車場に車を置かせてもらえて、周辺散策したり、アプト式列車に乗って観光できたりするので、管理人さんに相談してみましょう!

 

 

我が家も10時頃にアーリーインして、撤収後は車を置いてアプト式列車で観光をしてきました。

 

 

管理人さんは、

めちゃくちゃ人当たりが良くて、親切で明るい人なので色々と相談にのってくれると思います。

 

 

 

利用料金

 

テントサイト :3,000円
AC電源   :1,000円
デイキャンプ :2,000円
入場料    :大人300円 子供(4歳以上)200円

 

 

我が家の場合は、大人2人と子供2人なので、ピッタリ4,000円でした

 

※AC電源は、申込み先着5サイトまでで、容量は1000W(10A)までらしいです。

強力なドライヤーなどは一発でブレーカーが落ちる可能性がありますので注意して下さい。

 

f:id:years44:20181028010447j:plain

 

管理人さん曰く、もうすぐ1500Wになるそうです。


サイト

 

サイトは、すべて芝生のオート区画サイトです。

※直火は禁止

 

f:id:years44:20181028011350j:plain

 

1区画は、それ程狭くは無いですが、広くもありません。

 

友人のスノーピーク幕トルテュが、張れましたので、ほとんどのツールームテントは、問題無く張れると思います。

 

f:id:years44:20181028010923j:plain

 

我が家は、サーカスTCとタトンカ1TCを連結して張りましたが、

 

「連結する事でギリギリサイト内に収まった」

 

といった感じでした。

 

サイトコンディション

 

芝生サイトなので、地面はめちゃくちゃいい感じで、どんなペグでもいけそうです。

 

f:id:years44:20181028011039j:plain

 

 

隠れサイトBがあるみたい

HPにも、キャンプ場のMAPにも載っていませんが、『芝生のAサイト』以外にも『砂利のBサイト』があるようです。

 

どうやら、炊事場や釜場の周辺がBサイトになるようです。

 

区画はされておらず、大人数に対応できるので、グルキャンや繁忙期に使用される事があるとの事。

 

 

Bサイトは、基本的に日当たりは良くないので、夏場は涼しくて良いかもしれませんが、それ以外の季節は、Aサイトに比べ、快適性やロケーション、開放感は劣るかもしれません。

 

炊事場やトイレは近くなりますけどね。

 

やっぱり

 

僕なら絶対に、芝生がフカフカのAサイトがいいですね。

まぁ、Bサイトについては参考程度に思っていて下さい。

 

ちなみに

 

2家族なら、通路を挟まない隣同士の川側サイト。
(A-2,3/ A-4,5/A-7,8)あたり。

 

3家族以上なら、中央付近の固まったサイトが良いと思います。

 

 

施設情報

 

管理棟

 

f:id:years44:20181028011626j:plain

 

管理棟は、管理人さんが待機しています。

 

  • 木炭
  • 着火剤
  • 釣り餌
  • ヤマメ

 

などが売っているようです。

 

ちなみに

 

管理人さんは、夜は帰宅してしまいますが電話は繋がるようです。

 何かあったら連絡しましょう。

イタ電はやめてね。

 

トイレ

 

f:id:years44:20181028011954j:plain

 

f:id:years44:20181028012011j:plain

 

 

トイレは、いつもキレイに管理されています。
ウォシュレットも標準装備!

 

 

シャワー

f:id:years44:20181028012143j:plain

 

 

シャワールームもキレイで使いやすそうです。

 

 

コインランドリー

 

f:id:years44:20181028012239j:plain

 

洗濯機があります。
連泊する時には重宝するかも・・・

 洗濯機の使用料金は200円です。

 

炊事場

f:id:years44:20181028012339j:plain

 

ここもよく管理されていて、洗剤やスポンジも常備されています。

サイトの数を考えると、かなり余裕のある炊事場で混雑する事はあまりなさそうです。

 

アクティビティ

 

 

釣り

 

キャンプ場の目の前で釣りを楽しむ事ができます。
※道具は持参しましょう

 

管理人さん曰く、

 

「雑魚が釣れる」

 

そうです。

 

 

ハヤとかモロコみたいのでしょうか・・・

 

たまに、

 

めちゃくちゃデカイ鯉もいるみたいですよ!

 

 

トンネル

 

f:id:years44:20181028012508j:plain

 

キャンプ場には2つのトンネルがあります。

 

いずれも旧井川線のトンネルで、遺跡感が半端ない上に、電灯が無いため、アラレちゃんばりにワクワクします。

 

トンネル1


まずはアプトいちしろ駅に向かうトンネルで、通称『ミステリートンネル』です。

全長は、結構長くて大人の足でも10分位は歩くと思います。

途中、ほっこりする様な仕掛けがあり、子供はかなり楽しめると思います。

 

f:id:years44:20181028173551j:plain

 

リアルに怖いやつもありますwww

f:id:years44:20181028173639j:plain

 

トンネル2

 

キャンプ場の駐車場付近にあるトンネルは、近くにある『長島ダム』に続くトンネルです。

長島ダム駅とキャンプ場を結ぶ散策ルートになっているようです。

 

 

アプト式列車

 

f:id:years44:20181028012818j:plain

 

このキャンプ場に来たら、アプト式列車に乗ることをオススメします。

 

アプト式とは・・・

 

通常の列車では登れないような、急勾配を登るために、線路にギヤを組み込んで、ギヤを使用していて登っていく登山用の鉄道。

日本一の急勾配の鉄道が、丁度キャンプ場から見える部分みたいです。

 

 

そしてオススメはやっぱり・・・

 

アプト式列車に乗るなら、神秘的な奥大井湖上駅は必見です。

 

f:id:years44:20181028013048j:plain

 ※灰褐色が残念すぎる

 

エメラルドグリーンのダム湖の上にかかる赤い鉄橋。

 

水がきれいな時は、こんな感じなのかな・・・

f:id:years44:20181028013647j:plain

(出典:奥大井に遊びにいこう。 | 大井川鐵道【公式】

 

遠目から眺めるのも、かなり良いですが・・・

 

実際に線路の横を歩くと、かなり秘境感があり大人も子供も楽しめるでしょう!

 

f:id:years44:20181028013247j:plain

 

その他の駅にも、温泉や絶景スポットがあるようなので、各駅で「途中下車の旅」をするのも楽しいかも・・・・

 

 

近隣のスーパーマーケット

 

キャンプ場近くには、スーパーマーケットやコンビニはありません。

大型のスーパーマーケットが良い場合は、大井川を北上する前にある「ヒバリヤ」辺りが良いと思います。

 

途中にも小型のスーパーがありますので、観光気分で立ち寄るのも良いと思います。

 

その他

 

ゴミ

ごみは全て持ち帰りとなります。

 

花火

花火はOKですが、打ち上げ花火はNGです。

 

消灯

消灯は22時ですので、22時以降は静かに過ごしましょう。

 

 

まとめ

今回、我が家は残念ながらエメラルドグリーンのダム湖を見ることが出来ませんでした。
(3週間程前の台風の影響)

 

それでも、

 

  • ダム湖が灰褐色でも雄大すぎる景観
  • キレイに管理されていて快適なキャンプ場
  • サービス精神旺盛で明るい管理人さん
  • 子供も大人もワクワクできる周辺のアクティビティや観光

 

など・・・・。

 

お世辞抜きで、満足度120%のキャンプ場でした。

 

そしてきっと

 

まだ味わい尽くせていない魅力が、このキャンプ場にはあると、僕は思います。

 

  • いつもと違ったキャンプ場に行きたい
  • 秘境感を求めている
  • 子供と一緒にワクワクしたい
  • 鉄道マニア
  • ダムマニア

 

そんなキャンパーには、自信を持ってオススメできるキャンプ場でした。

 

おしまい。

 

キャンプレポはこちらから

 

 

www.44blog.com