44のFREEブログ

キャンプやストックフォト、料理や子育てなど、なんでもFREE(自由)に記録していきます。

田原市の『表浜ほうべの森』でキャンプ! ~キャンプレポ~

2018年GWの『表浜ほうべの森』でのキャンプレポです。
 
『ほうべの森』の基本情報については、こちらをご覧ください。
 ※今回のキャンプ、気を抜きすぎて写真を全然撮ってませんでした・・・
所々で「フリー素材」使ったりしてますが、どうか気にせずに。
 
 

1日目

 
キャンプ前日は大雨でしたが・・・・
 
アラフォーオヤジの願いが通じたのか、それとも自然に弄ばれているのか・・・ 
 

f:id:years44:20180522230411j:plain

※写真はイメージ 
 
天気は曇り&強風
 

f:id:years44:20180417224327j:plain

YES!!
 
キャンプ前の週間天気予報では『大雨』でしたからね。
完全にうなだれていた僕からすると、曇天&強風でもありがたいサプライズ。
 
 
 
 
・・・さて、遡る事3ヶ月前、キャンプ場を予約した際に
 
 
 
44「出来るだけ早めにチェックインしたいんですが・・・」
 
 
 
と伝えた所、
 
 
 
スタッフ「当日の状況にもよりますが、多分早めに入れると思いますよ〜」
 
 
 
その言葉を信じ、11時チェックインを目標に、キャンプ場近くのスーパー「ヤマナカ」に10時に集合。
 
 
 
若干の遅れはあるもののほぼ予定通り!(ムフフ)
 
 
 
そして、キャンプ場に到着すると・・・
 
 
 
スタッフ「13時までチェックインできません(キッパリ)」
 
 
 
まさかの逆ツンデレかよ。
 
 
 
これには思わず、ズッコケてしまう所でした・・・。
 
 
 
 
 
どうやら、予約した時とは状況が違うらしく、4月から厳しめの管理体制との事。
 
 
ま、しゃーないか。
 
 
 
行列に並ぶのと同じ位、ぼーっと待つ事が嫌いな僕ですが、
 
  • 3日間良い場所で過ごせる為に
  • 子供達の笑顔の為に
  • 美味いビールの為に
 

2時間近く待ちました。

 
おかげで、なかなかのロケーションを手に入れましたが、早くも疲労困憊。
 

f:id:years44:20180516004035j:plain

※写真は2日目 
 
チェックイン後のビールが猛烈にうまかったのは、言うまでもありません。
 
 

新幕でキャンプ

 
今シーズンから我が家のテントは、テンマクのサーカスTC&タトンカ1TC。
(友人の幕はスノーピークのトルテュ)
 
 

f:id:years44:20180522230755j:plain

 
サーカスTCは、ファミリー向けというよりは、ソロやデュオ向けのイメージがあります。
 
 
 
更にインナーを使用すると天井が低くなるので、
 
「大丈夫かな〜」
 
と心配してましたが、大人2人と子供2人なら全然問題無く過ごせました。
(個人の許容範囲にもよると思います)
 
 
ただし、
 
 
インナーはオールメッシュなので、スカートの下から入り込む風が直接体に当たるので、寝ているときは結構寒かったです。
 
 
 
「ポリコットンのテントだから暑いんじゃね」
 
 
なーんてウキウキして余計な心配してましたが、逆に春秋キャンプでは、寒さ対策を考えなくてはなりません・・・・
 
 
そんなサーカスTCですが、見た目はカッコいいし、設営もめちゃくちゃ簡単ですので、最高に気に入りました。
 
もう一つ購入して片方シェルターにしてもいいかも。
 
 
自作したランタンスタンドもいい感じ!

f:id:years44:20180522231701j:plain

 
 

 

www.44blog.com

 

 
 

初日はあっと言う間・・・

 
荷物を運んでからは、乾杯して「あーでもないこーでもないと」レイアウト考えたり、新しく追加したキャンプ道具について話したり、テント張って、タープ張って、などしているとあっと言う間に時間が過ぎています。
 
ファミリーキャンプでは、黙々とする作業もグループキャンプだと楽しい時間♫
 
子供達も、思い思いの遊びをして楽しそうです。
 
 
途中、
 
 
小学生男子コンビが、テント内で謎の人形遊び(スポンジボブごっこ)をしてました。
 
 

いやいや・・・

 

 
・・・思い思いすぎるわw
 
 
 
 

夕飯は・・・

 
 
 
夕飯は、BBQと豚汁という至ってキャンプらしいメニューですが、旨さと安定感は抜群。
 

f:id:years44:20180522234727j:plain

 
f:id:years44:20180522234749j:plain
 ※写真は両方ともイメージ
 

夕飯後のお楽しみ

 
夕飯後には、子供達向けに『ビンゴ』やりました。
(スマホアプリが超便利!)
 

f:id:years44:20180522235043j:plain

※写真はイメージ 
 
 
これが意外にも子供に受けが良くて、今後の恒例行事になりそうな予感が大です。
 

寒くて就寝

 
この日は風が強くて寒い為か、周りのサイトも消灯が早く、僕達も焚き火を早々に切り上げて寝る事にをしました。
 

f:id:years44:20180522230952j:plain

 
 

2日目はサンテパルク田原へ

 
 
キャンプ場以外に、子供達が遊べる場所を求めて、伊良湖方面にある『サンテパルク田原』に行くことになりました。
 
サンテパルク田原とは・・・
 
農業をテーマにした体験型の公園です。
 
  • 動物と触れ合える
  • おもしろ自転車で遊べる
  • 野菜をモチーフにした遊具がある
  • トランポリンやストラックアウトもある(有料)
  • 室内学習施設がある
  • 各種体験教室を開催している
 
・・・などなど、小学生位の子供なら充分楽しめる施設となっています。
 
ウィキペディア先生によると、『田原のディズニー』と呼ばれているらしいですよ・・・w
 
 
 
この日は、地元のイベントが開かれており、老若男女多くの人で賑わっていました。
 
 
 
おもしろ自転車に乗ったり

f:id:years44:20180522231038j:plain

 
 
 
動物と触れ合ったり 

f:id:years44:20180522231053j:plain

 

f:id:years44:20180522232024j:plain

 
 
 
短い時間でしたが、それなりに楽しめた様です。
 
 

夕飯は・・・

 
前日から舞茸の酵素で柔らかくした(一緒に袋に入れておいただけですが)安いオージービーフ。
 

f:id:years44:20180522231109j:plain

 
やわらかくて最高に旨かった!
 
 
それとカレー。 
 
 
この日も、夕飯後はビンゴ(泣)
(大人は飽き飽き)
 
 
そして、シェラカップでチョコレートフォンデュをしてみました。
 
バナナや炙りマシュマロにチョコレートコート。
 
 
激ウマでした。
 
 
チョコレートを溶かすときは、お湯を使いましょう。
直火でやると、焦がしショコラになっちゃいます。
(これはこれで美味かったけど)
 
 

3日目

 
楽しいキャンプも、遂に最終日。
しかし、そんな余韻に浸っている暇はありません。
 
なんせチェックアウトが10時ですから。
 
磯野家(サザエさん)並みに朝から超バタバタです。
 
 
リヤカーが、ぜ〜んぜん空かないので、結局11時頃のチェックアウトになってしまいました。
 
スタッフさんに、軽く嫌味を言われ、キャンプ場を後にします。
 
 
とりあえず、ノープランで伊良湖方面へ行きますが、どこも激混み
・・・・流石GWです。
 

昼食はさっぱりと・・・?

 
国道沿いの、めん処「はないち」で昼食。
 
 
うどんや蕎麦など、さっぱりしたものを食べようと思い入店したのに、血迷ってまさかのかき揚げ丼、しかもかき揚げがメチャクチャでかい。
 

f:id:years44:20180522231146j:plain

 
お、重い・・・。 
 
でも、通り沿いの大型店なのに、接客もしっかりしていて(割とそうじゃない店が多いのに)良い食事処でした。
 
 
食事を済ませて向かったのは・・・
 
 

蔵王山展望台

 
 
ココ、なかなか良いです。
展望台は360度のパノラマで、南に太平洋、北には三河湾を見下ろす事ができます。
(夜景が有名らしいですね)
 

f:id:years44:20180522231209j:plain

 
館内には、子供向けのプロジェクションマッピングなどもあり、多くの子供達が楽しんでいました。
 

f:id:years44:20180522231229j:plain

 
 
田原産のどうまい牛乳を使用した『どうまいソフトクリーム』がド美味い〜!
 

f:id:years44:20180522231248j:plain

 
期待値低めで行った割には満足できました。
 
 
そして、その後は・・・
 

シェルマよしご(吉胡貝塚史跡公園)

 
ここもなかなか良いです。
 
縄文時代後期の貝塚らしく、これまでの発掘調査で縄文人骨が多数出土している歴史的価値の高い遺跡なのです。
 
遺跡の散策は無料です。
 

f:id:years44:20180522231310j:plain

と言っても、特になんもないんですが・・・ 
 
唯一、縄文人が出土した際の状況を解るようにレプリカが作られています
 

f:id:years44:20180522231350j:plain

 

資料館の入館料

  • 大人   200円
  • 小中生  100円
  • 未就学児 無料
 
資料館内も、なかなか興味深いものが溢れていていて、久しぶりにワクワクしてしまいました。
 

f:id:years44:20180522231407j:plain

 
あなたの縄文人度をチェック! ・・・群がる子供たち。
f:id:years44:20180523004124j:plain
 

f:id:years44:20180523004243j:plain

 
 
また、体験学習(有料)も充実していて、この日も地元の子供達(と思われる)が楽しそうに体験をしていました。
 
  • 火起こし体験
  • まが玉作り
  • 貝のアクセサリー作り
  • 石器作り
 
・・・・などなど。
 
超低価格で体験できます。
 

f:id:years44:20180522231429j:plain

 
 
 
息子達も、楽しそうに弓矢体験(無料)をしていました。
 

f:id:years44:20180522232444j:plain

 
 
 

終わりに・・・

 
今回のキャンプも割とバタバタとしてしまいましたが、天候にも恵まれ、友人ファミリーと楽しい時間を過ごすことが出来ました。
 
 
子供達と一緒にキャンプ・・・
 
あと何年くらい付いてきてくれるかな・・・
 
楽しい時間が多ければ多いほど、そんなことを考えてしまうセンチなアラフォーでした。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
 
おしまい・・・。